脱毛のし過ぎによる肌トラブル|あなたは大丈夫ですか?

ムダ毛なんて一切いーらないっ!
ムダ毛のないすべすべのお肌を目指して、お金をかけずに脱毛をするには?
と思い、自分で脱毛を行うことを考えていました。

自分で脱毛を行う場合、手っ取り早く行ってしまうのがカミソリを使った脱毛。
T字状のカミソリを使った脱毛は誰でも一度は行ったことのある方法であり、
脱毛用のカミソリも多く市販されています。
また、脱毛テープや毛抜きもありますよね。
専用のテープを脱毛箇所に張り付けて一気にはがして毛を抜くという方法に
ピンセットで毛を一本一本抜いていく方法です。
そして、電気シェーバーも毎年のように新製品が出ている人気商品です。

自宅で気軽に行えるこれらの脱毛商品は使い方によってはとても便利で良いものですが、脱毛のし過ぎなどによって、肌トラブルの原因にもなるようです。

自己処理によっておこる肌トラブルは美肌とは無縁の致命傷になるなど、
ボロボロ肌になる前にぜひ、参考にして下さい。

 〇脱毛のし過ぎによる肌トラブルについて
自己処理による脱毛のし過ぎによっておこる肌トラブルの多くは、
ばい菌や細菌の侵入によって炎症を起こしたり、
乾燥肌や、キズ、色素沈着に赤み、埋没などがあります。

T字剃刀や、テープタイプの脱毛は角質を取り除いてしまいます。
大切な角質を無理やりとられると肌は乾燥し、粉吹き状態に。
さらに、細菌やばい菌などが侵入すると炎症を起こしそれを繰り返すことで
色素沈着してしまいます。

やはりムダ毛の自己処理にはリスクがつきまとってしまうのです。
ゴリラ脱毛のようにクリニックで処理してもらうのが一番なのです!

また、剃刀はキズや毛穴を広げる原因になります。
電気シェーバーの場合も、脱毛のし過ぎによって
同じようなトラブルを発生させてしまいます。

そして、毛抜きは埋もれ毛や赤いポツポツやサメ肌のように
毛穴を目立たせてしまう原因に。
自己処理による脱毛のし過ぎは、乾燥、埋没、毛穴の開き、色素沈着、キズの原因になり、潤いのある白く美しい肌とは無縁の状態にしかならないということです。

このブログ記事について

このページは、cosmeが2015年3月 9日 14:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「温熱療養|体温をあたためるとこんなにも免疫が上がる!」です。

次のブログ記事は「アミノ酸スコアとは一体何?コラーゲンとの関係は?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11