オーガニック化粧品のオーガニックとは一体何なのか!?

健康志向が広がっている現代。
私も健康に気を付けないといけないお年頃ということで、
水素水を飲んでみたり、青汁を飲んでみたり色々やっています。

中でも、最近話題になっている食に関する問題にはちょっと関心があり、
出来るだけ地産地消を心掛けてみたり、
野菜や肉や加工品に関しても産地などを確認したり、
有機野菜などオーガニック食材を購入するようになりました。

なので、オーガニックという言葉に惹かれているところで、
食べ物にもですが、オーガニック化粧品も気になっているところ。

オーガニックってそもそも何よ?
というところからご説明をしますと、
オーガニックというのは、化学肥料などを使っていない無農薬の土地で作られている
植物ということでした。
オーガニックを認定しているのは農林水産省で2年間、農薬や価格肥料を使用していない土壌が基準となり、有機JAS認定を受けてからオーガニック食品となるそうです。

そのオーガニック土壌で作られた植物を使用して作られているのが
オーガニック化粧品なのです。

2年間という間化学肥料などを使わず、植物を育てるのはとても大変なことでしょうね。
虫がつくのを防いだり、かなり手をかけないと真面な量の植物が育ちそうもなく、
その苦労を考えるとオーガニック製品が少々お高いとも納得できます。

オーガニックのことや、オーガニック化粧品の事は分かったけど、
他にも気になるフレーズの化粧品には、
無添加化粧品に、天然由来成分の化粧品があります。
これらもオーガニック化粧品と同じように作られている化粧品なのか?

いやいや、実はオーガニック化粧品と無添加や天然由来は違うようです。
無添加化粧品とは、化粧品のほとんどに入っている防腐剤や合成色素に
石油系の界面活性剤などが入っていない化粧品の事。

そして、天然由来成分の化粧品とは、天然の植物エキスが使われているという意味だけで、実は化学合成成分が入っていないという意味ではないらしいです。
とはいっても、天然成分を使っているという意味では肌に刺激はないようですが、
化学物質が全く入っていない化粧品という意味ではないということでした。

なので、無添加化粧品と天然由来成分の化粧品はオーガニック化粧品とは
全く違うということのようです。

それに、オーガニック化粧品といっても必ずお肌に優しいとか
他の化粧品より効果が高いとかいうこともないようです。
まずは、自分の肌で試してみる事が大切ですね。

このブログ記事について

このページは、cosmeが2015年3月 9日 14:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「血行をよくしたければ、ふくらはぎをマッサージせよ!」です。

次のブログ記事は「温熱療養|体温をあたためるとこんなにも免疫が上がる!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11