2016年11月アーカイブ

シミは作りたくないと女性なら誰でも考えますよね。そんな中でシミを作らないための習慣を紹介するので参考にしてみてくださいね!

日焼けをしてそのまま放置することにより、シミができてしまい後悔をしてしまったことがあるという経験をしたことはありませんか?

小さなうっかりがメラニンが活動を始めてしまうとシミの原因となってしまいます。メラニンという色素は、肌を紫外線から守ってくれる大切な働きをしています。

もしこのメラニンがなかった場合には、紫外線は肌の奥深くまで入り込んでしまい、水ぶくれや炎症を起こしてしまいます。肌が紫外線で火傷をしてしまうのを、メラニンが防いでくれているのです。

また、紫外線から肌を守るために働いたメラニンはしばらくは肌の上にとどまっている状態で、ターンオーバーをしっかり行っている健康的な肌の場合には、メラニンは徐々に肌の表面に押し上げられて、最後はアカとして剥がれ落ちていきます。

メラニンが作られても最終的には、剥がれ落ちてしまうので、日焼けをしても大丈夫と考えていう人もいますが、日焼けをして紫外線を受けてしまった肌は、メラニンの活動を活性化させて守ろうとするのですが、同時に細胞の活動を低下させてしまうのです。

紫外線を浴びることにより、肌のターンオーバーがうまくいかなくなって、健康な肌とは言えなくなってしまいます。メラニンと上手に付き合うためには、紫外線対策をしっかりと行うようにして、日常で正しいスキンケアを行うことが何よりも大切なのです。

メラニンは、基本的には刺激により作られています。紫外線は非常に大きな刺激となってしまうのですが、スキンケアを適当に済ませてしまったり、肌荒れをそのままにしておいたり、タオルなどでゴシゴシこすってしまうので大きな刺激となってしまうので注意が必要になってきます。

実際に、メラニンを増やさないためには規則正しい生活習慣を送ることが大切で、日常で日焼けをしないように紫外線対策はしっかり行うようにしましょう!

また、スキンケアは丁寧に行うようにして、肌に刺激を与えないように優しく行うことが大切になってきます。

更に、睡眠時間を確保することも大切になっていて、メラニンとは関係ないと考えている人も多いと思いますが、質のよい睡眠を確保することにより、肌のターンオーバーを促し、不要なメラニンを排出することができるのです。

何よりも日常の食事で栄養バランスの整った食事を心がけるようにして、適度な運動も取り入れるようにしましょう。身体を健康にすることにより、肌も健康に導く事ができるのです。

このアーカイブについて

このページには、2016年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11